安いパーツクリーナーはコスパが悪い!?パーツクリーナーの選び方

出典:www.amazon.co.jp

今回は、パーツ洗浄や脱脂で使うパーツクリーナー(別名:ブレーキクリーナー)の選び方について話したいと思います。

パーツクリーナーは安ければ良いと思っていませんか?それは間違いです!

スポンサーリンク

消耗品パーツクリーナー

消耗品の代名詞とも言えるパーツクリーナーですが、現場でもよく使うので箱で買っていてもあっという間になくなります。

ガンガン使うので、「できるだけ安いものを!」と思いますが、実は安いものだとコストパフォーマンス的に悪い可能性があります。

有機溶剤の含有量

皆さんもよく使うパーツクリーナーは、840mlのロング缶のものが多いと思います。

今では、ホームセンターで一本250円程と本当に安くで売っていますよね?
ネット通販では、探せばもっと安いものもあります。

ですが、それに含まれている有機溶剤の内容量まで気にして見たことはありますか?

缶の大きさが同じでも、汚れを落としたり脱脂をしてくれる、有機溶剤の含有量にはすごく差があります。

含有量比較

私が調べた限りでは、同じ840ml缶でも、大きな違いがありました。

  1. ホームセンター:250円で含有量約400ml。
  2. 整備工具店:350円で含有量約600ml。
  3. ネット通販:200円で含有量588ml。

Amazon,楽天市場,Yahoo!ショッピングには、非常にコストパフォーマンスに優れたパーツクリーナーがありました!

評価も非常に高く、安くても汚れがしっかり落ちるので、良いものを見つけました!

6本セットの他に、12本セット、30本セットがあります。まとめ買い必須ですよ!

また、スプレーではなく浸け置きにも便利な原液の販売もあります。

♦使用者の感想

  • ホームセンターよりも安くて、今まで使ってきたなかでも一番汚れがよく落ちる!値段も安くて最高!いつも箱でまとめ買いしています。
  • 溶剤量が他よりも多いのに値段は安く、樹脂もおかさない。コスパ最高のパーツクリーナー!洗浄力が高く噴射力も強いのでお気に入りの商品です!
  • 安いのでガンガン使えます!安物はチェーンに使うとシールを傷めそうで怖いが、これは樹脂類を傷めないということなので安心です!
  • この価格帯のパーツクリーナーを色々比べてみたがガレージ・ゼロが一番優れています。わざわざ高いものを買う必要がないほどですね。大満足なのでまた買います。

たいした違いがないと思うかもしれませんが、溶剤の少ないものは汚れが落ちにくいずっと噴き続けることになり、無駄にたくさん使ってしまいます。

溶剤が多いものはやはりよく落ちるので使用量も少なくて済みます。

一度一緒に使って比べてみると、違いがよくわかりますよ!

速乾性・遅乾性

パーツクリーナーも様々な種類がありますが、知っておくと便利なのが速乾性と遅乾性です。

普段使いは速乾性で問題ありませんが、グリスやガム状の汚れに対してはゆっくり揮発する遅乾性が効果的です。

状況に応じて使い分けると作業性がよくなりますよ。

KURE プラスチックセーフ

パーツクリーナーはゴムや樹脂類を痛めますが、KUREからプラスチックセーフという樹脂対応の製品も出ています。

これは洗浄力も高く、何より樹脂に気を配ることなく使えるので気が楽です。

高価なWAKO’Sパーツクリーナー

消耗品なので安いのが当たり前のパーツクリーナーですが、中には非常に高額なものもあります。

そのひとつがWAKO’Sの商品です。

何種類かあるのですが、ロング缶840mlのものでだいたい一本1500円程します。

ですが、さすが信頼のワコーズですね!汚れが驚くほどよく落ちます。

高額のため頻繁には使いませんが、ここぞというときに使うと安価なパーツクリーナーでは落ちない汚れが落ちるので非常に気持ちがいいです。

Amazonなどのネット通販の評価もいいようで、私の周りにもプライベートで使っている知人は多いです。

ここまで値段が高くなくても効果の高いパーツクリーナーはもちろんあります。
ワコーズからは、速乾性や中乾性など数種類でています。

まとめ

現在、安くて洗浄力の弱いパーツクリーナーを大量に噴き続けているなら、溶剤含有量の多いものを試してみてはいかがですか?

もちろん溶剤の成分にもよりますが、500円以下の商品ではそこまで大きな差は無いでしょうから、含有量で決まるでしょう。

色々試して、ベストなパーツクリーナーを見付けてみてください!