整備はもちろん、DIYやアウトドアにも最適!ショックレス/無反動ハンマー!

みなさんはショックレスハンマーというハンマーをご存じですか?

無反動ハンマーデッドブローハンマーとも呼ばれています。

スポンサーリンク

ショックレス/無反動ハンマー

普通のハンマーで力一杯叩くと、手がジンジン痺れたり、手首を痛めたりします。

これは、ハンマーヘッドは塊なので、叩いたときの衝撃が逃げることなく、そのまま反動が柄に伝わるからです。また、金属ハンマーだと対象物に傷が付きますよね?

ショックレスハンマーは、そのような問題を解決してくれます!

仕組みはメーカーによって違いがありますが、ここでは2つのタイプを紹介します。それぞれの構造・仕組みを見ていきましょう!

鋼球/砂タイプ

このタイプは、安価なショックレスハンマーに多いです。ヘッド内部に小さな鋼球や砂がたくさん入っていて、その鋼球の移動で衝撃を吸収し、柄に反動が伝わりません。

そして、ヘッド部分は樹脂製なので、対象物に傷が付きにくいです。

ハンマーの打撃力は、ヘッドの重さに左右されます。金属ハンマーは重たいので、振り下ろしたときのエネルギーは大きいです。

しかし、ショックレスハンマーも鋼球の重さと、移動したときのエネルギーによって、金属ハンマー並みの力を出せます!

スチールディスクタイプ

このタイプは、「PB スイスツール」無反動ハンマーの仕組みですが、ヘッド内部にスチールディスクが内臓されています。

鋼球/砂タイプだと、ヘッド内をバラバラに動くので、力が分散されてしまいます。

しかしPBのハンマーは、シャフトを通してディスクが並んでいるので、同じ方向に動くことで効率よく反動を吸収します。

また、ディスクが打撃方向にそろって動くことで、打撃力に変換されます。

こちらの動画が仕組みが分かりやすいです!

PB無反動ハンマーは、打撃面の片側がナイロンヘッド反対側がスチールヘッドとなったモデルがあります。傷がつきやすいものはナイロンヘッドで、釘などを打つときはスチールヘッドと、一本で幅広い作業ができます。

ヘッドは交換可能なので、磨耗してもヘッドのみの買い換えで済みます。

PB無反動ハンマーは、ハンマーにしては高額ですが、皆無と言える程の反動の少なさヘッドが交換可能で長く使える、という点でもそれだけの価値があり、おすすめできます!

まとめ

ショックレスハンマー/無反動ハンマーは、一撃の強い打撃力が必要な整備作業で重宝します

また、普段ハンマーを使い慣れていない方にも、手を痛めないのでオススメです。

アウトドアでも、ペグ打ちに最適なハンマーです!