超薄型!!ソケット変換アダプター!差込角拡大用

画像出典:www.monotaro.com

みなさんはソケット変換アダプター(ソケットコンバーター)をお持ちでしょうか?

頻繁に使うことはありませんが、ハンドルとソケットの差込角のサイズが違ったとき(例:ラチェットは9.5㎜だが、ソケットが12.7㎜)、変換アダプターを間に入れることでサイズ変換できます!

しかし、アダプター分の高さが出てしまうので狭い場所では使えないなど、敬遠する人もいるでしょう。

今回はそんな問題が解決された、超薄型のソケット変換アダプターを紹介します!

スポンサーリンク

超薄型変換アダプター

超薄型のアダプターは、アダプターを使う前とほとんど高さが変わりません。

その構造は、変換アダプターの中にハンドルの差込角が入り込む形になるからです。

3/8”(9.5㎜)から1/2”(12.7㎜)にサイズ変換する場合·····

このようにアダプターに空洞があり、そこに入れることで変換しても高さが抑えられます。従来のアダプターと比べると、その差は歴然です。

このような構造のため、拡大(サイズアップ)しかできず、3/8”から1/4”などのサイズダウンは薄型ではできないので、従来のアダプターになります。

ストレート超薄型ソケットコンバーター

ストレートのアダプターは、3個セットで低価格とコスパが高いです。

マグネットで、ソケットの脱落を防止します。

【セット内容】
・凹1/4”→凸3/8”
・凹3/8”→凸1/2”
・凹1/2”→凸3/4”

 AP 変換クイックアダプター

アストロプロダツクのアダプターは、早回しに便利なローレット加工がされています。アダプター単体での使用も可能。

マグネットで、ソケットの脱落を防止します。

【セット内容】
・凹1/4”→凸3/8”
・凹3/8”→凸1/2”

KTC 早回し変換アダプター

KTCのアダプターは、グッドデザイン賞を受賞するほどデザイン性に優れています。

機能面では、グリップ部は滑りにくく早回ししやすい形状です。単体での使用も可能です。

ソケット脱落防止のマグネットも付いています。

・凹1/4”→凸3/8”
・凹3/8”→凸1/2”

上記の2サイズ出ており、基本的にはそれぞれの単品販売ですが、販売店によってはセット販売の用意もあるようです。

まとめ

薄型ソケット変換アダプターは、サイズアップにしか使えませんがそれでも十分有用です!

価格も高くなく、それぞれを重ねて収納できるのでスペースを取りません。

持っていると役立つツールですよ!