ネジ緩み止めの定番アイテム!【ロックタイト】の種類と用途

出典:www.amazon.co.jp

近年、ネジの緩み止め剤は整備作業の必需品となりました。

ロックタイトのねじロックと言えば、ネジの緩み防止に使われる定番アイテムです。現在使っている方も多いと思います。

しかし、中強度高強度など、どれを使えばいいのかわからない方もいるでしょう。間違えて使うと、緩めることができなくなってしまうかもしれません!

今回は、ねじロックの種類用途について詳しく紹介していきます!これから取り入れようと考えている方は、是非参考にしてください!

スポンサーリンク

ロックタイト ねじロックとは?

出典:www.loctite.jp

ロックタイトは、ねじ緩み止め剤の代名詞と言えるほど、整備業界で一般的に使われています。

形状は液状ボトルタイプと、固形スティックタイプがあります。また、低強度,中強度,高強度と使用箇所やねじのサイズに応じて使い分けが必要です。

ねじロック 種類と用途

ねじロックは、ネジ径によって低強度と中強度を使い分けます。このふたつは取り外しが可能です。

高強度は永久固定タイプで、基本的に取り外し不可です。後述する「ねじロックの外し方」で、場合によっては外すことができるかもしれません。

強い方がいいからと、安易に高強度を選ぶと痛い目に遭います。奥まった箇所で緩むと困るものには使うこともありますが、分解の多い整備作業には低強度か中強度が適しています。

スペック比較表

液状ボトルタイプと固形スティックタイプに分けて、よく使われる商品を表にまとめました。

ここに載せている以外にも、粘度の違いや耐熱性の高い製品もあります。

液状ボトルタイプ

品番 強度 使用ネジ径 取り外し 使用温度
222 低強度 M12以下  -55~150℃
243 中強度 M6~20  -55~180℃
263 高強度 M20以下 不可  -55~180℃

固形スティックタイプ

品番 強度 使用ネジ径 取り外し 使用温度
248 中強度 M6~20 -55~150℃
268 高強度 M20以下 不可 -55~150℃

ねじロックの使い方

まず始めに、ロックタイト ねじロックは「嫌気性」です。

嫌気性とは、その名称通り空気を嫌う為、空気に触れていると効果を発揮しません。ネジを締め込み、空気が遮断されることで初めて固定されます。

液状の場合、接着剤のように乾かして固まることがないので、フタと容器が引っ付いたり、口周辺で固まってしまったという事が起きないです。

出典:www.amazon.co.jp

使い方は簡単で、ボルトナットの場合はネジ山に塗布して締め込むだけ。(画像上)
キャップボルトなどは受け側にも数滴垂らしておきます。(画像下)

出典:www.amazon.co.jp

また、「液状タイプは使いにくい。工具箱の中で漏れるのが心配。」という方には固形タイプがおすすめです。

スティック糊のような使い勝手で、液垂れしないので使いやすいです。

固定スティックタイプは、ネジ山に糊のように塗り付けるだけです。

ねじロックの外し方

比較表の使用温度に書いたとおり、ねじロックは150~200℃に熱すると、ねじロック剤が融解して取り外すことができます。

外す際は、ヒートガンバーナーなどで熱してあげましょう。

ただ、この方法は周辺に熱に弱いパーツがあると使えないので、後々分解する可能性があるなら高強度は使わないでおきましょう!

製品情報

液状ボトルタイプは、低強度,中強度,高強度から選べます。

固定スティックタイプは中強度,高強度から選べます。

まとめ

近年、サービスマニュアルにも緩み止め剤の記載が増えており、ねじロックの需要も増えているようです。

プロは当然のように使っていますので、ホビーユーザーも安心安全のために取り入れることをオススメします!

中強度をひとつ持っていれば、多くの場面で対応できます。