ソケットを落とさず安心!ロック付きエクステンションバー

ラチェットレンチでの締緩作業で、ソケットの長さでは届かない奥まった箇所にはエクステンションバー(延長棒)が使われます。

しかし、奥まった箇所だからこそソケットがエクステンションバーから外れてしまうと大変ですよね?

そこで今回は、ソケットが外れないように保持する、ロック付きエクステンションバーを紹介します!

スポンサーリンク

ロック付きエクステンションバー

手が届かない箇所でソケットが外れてしまうと、ソケットを拾うのにも苦労しますが、転がってどこにいったか分からなくなると最悪です。

ロック付きのエクステンションバーは、通常のエクステンションバーには無いソケットを保持する機構が組まれているため、不意の脱落を防止します。

操作ひとつ、ワンタッチでソケットを着脱できるので使い勝手もいいです。

ロックの仕組み

クイックリリース(ソケット抜け止め)の付いたラチェットレンチを使ったことがあるならわかると思いますが、リリースボタンを押さない限り、差込角にあるボールがソケットを固定してくれますよね?

出典:shopping.yahoo.co.jp

固定方法は同じで単純な仕組みですが、あるのと無いとでは安心感が違います!

絶対にソケットを落としてはいけない箇所での作業には、このツールを使うことをおすすめします!

スタビレー クイックリリースエクステンションバー

スタビレーのクイックリリースエクステンションバーは、ボタンのワンタッチ操作で簡単にソケットの着脱を行えます。

差込角は1/4”(6.3㎜),3/8”(9.5㎜),1/2”(12.7㎜)と揃っています。
長さもラインナップ豊富なので商品ページでご確認ください。

スタビレーは、エクステンションバー以外にもユニバーサルジョイントやTハンドル、ドライバーハンドルなどでロックタイプを製造しています。
便利なツール達で、あらゆる場面で活躍しますよ!

WERA ロックエクステンションバー

ヴェラのロックエクステンションバーは、写真の緑ボタンの反対側が赤ボタンになっています。赤を押すとロックが掛かり、緑を押すと解除となります。

エクステンションバーに付いている黒いスリーブは、空転するようになっているので、指で保持することで安定して早回しができるので便利です!

スタビレー同様、差込角3サイズに長さもショート~ロングサイズまであるので、必要な長さをご確認ください。

まとめ

ロック付きは不意のソケット脱落を防止する面では非常に有効です。

ソケット付け替えの際の操作が面倒に思えるかもしれませんが、ソケットを落として探す手間を考えれば早めに取り入れるべきでしょう。

頻繁にエクステンションバーを使って作業する方にこそ、使っていただきたいおすすめのツールです!