ネジ山修正の必需品!【ストレート】タップホルダー&ダイスホルダー

ネジ山修正に使用するタップとダイスですが、タップホルダーダイスホルダーには様々な形状があり、使用箇所によって使い分けをすると、作業がとても捗ります。

今回は、整備工具販売店STRAIGHT(ストレート)から販売されている、タップホルダー&ダイスホルダーを紹介します!

ダイスホルダーは海外製に多い六角形状のダイスに合ったものになるので、国産に多い丸型形状のダイスホルダーをお探しなら、下記リンクがおすすめです!

【Ko-ken】ネジ山修正にはメガネやギヤレンチで回せる貫通式ダイスホルダーが便利!
貫通式ダイスホルダーを使えば、奥まった箇所や長いスタッドボルトのネジ山修正も楽!コーケンのダイスホルダーは、ギヤレンチやメガネで回すことで、通常のダイスホルダーではアクセスできなかったネジ山の修正が可能となります!

スポンサーリンク

【ストレート】便利なタップホルダー

ストレートで販売されているタップホルダーは、形状の違う三種類の商品があります。

  • タップを掴むだけの通常のタップハンドル
  • ラチェット機能が付いたタップホルダー
  • 手持ちのハンドルツールに装着するタップホルダー

使用箇所に応じて使い分けをすると、とても役に立つラインナップです。

通常タイプのタップハンドル

この製品は、ごく一般的なタップハンドルです。見た目どおりタップを保持するだけのもので、特殊な機能は付いていませんが、タップを立てるとなるとまず最初に手にするツールでしょう。

使い勝手が良く、ハンドルを対象物と水平にすることで、タップを直角に挿入できます。

しかし、ハンドルが横に長いので、周囲に障害物があるような狭い箇所での使用が困難という欠点があります。

それでも使用頻度は一番多く値段も安いので、まずはこちらを各サイズ用意しておくといいでしょう!

 メーカー品番 

 対応タップサイズ 
18-500 M1~6
18-501 M4~12
18-503 M6~20

♦使用者の感想

  • 値段が安く満足しています。使用感はごくごく普通。当然がたつきもなくしっかりタップを保持してくれます。
  • お手頃価格!綺麗にタップを立てることができました!安くても作りはしっかりしています。
  • ネジ山修正の必需品。対応サイズの幅が広く使いやすい。

ラチェット式タップホルダー

こちらのタップホルダーは、ラチェット機構を備えている非常に使い勝手のいい製品です。

右回転,固定,左回転と切り替えができるのでネジ山修正作業が楽になり、修正後のタップ抜き取りも素早く行えます。

片手での操作もしやすいので、狭い箇所のネジ山修正にもおすすめです!

また、ハンドルはスライドするので、障害物があっても避けることができる点も便利です!

 メーカー品番 

 対応タップサイズ 
18-384 M3~10
18-385 M5~12

♦使用者の感想

  • これは便利!思っていたとおり、ラチェット式は楽ですね。仕事でタップを良く使うので、この製品は重宝しています。
  • ハンドルが短いので狭い箇所でも使いやすい。入り組んだ場所でも、ハンドルをスライドさせればなんとか回すことができるので、従来のタップハンドルが使えない箇所の修正も可能。便利です!
  • ラチェット機能があることで、タップの抜き取りがリズミカルに素早くできる。修正箇所が多いときは、それだけでこのタップホルダーの価値を感じられる!

タップホールドソケット

タップホールドソケットは、タップを装着してラチェットレンチスピンナハンドルなど、好きなハンドルツールに装着して使用します。

奥まった箇所のネジ山修正も、エクステンションバーを組み合わせることでアクセス可能となります。

また、ラチェットなどの片手ハンドルでは水平を取りづらいですが、Tハンドルを使えば水平に回すことができるので安心です!

個々の対応サイズ範囲が狭いですが、使い方次第で様々な応用ができるタップホルダーです!

 メーカー品番 

 対応タップサイズ 
18-303 M4~8
18-304 M10~12
18-305 M13~14

♦使用者の感想

  • ものすごく便利!以前は奥まった箇所のネジ山修正は、モンキーレンチでちまちまやっていましたが、これがあれば楽々作業が進みます!タップ作業をするならおすすめ!
  • 他メーカーの同等品を購入した時は、作業中にタップの締め付けが緩んできて、その都度固定し直すという有り様でした。そこで今回、評判のいいストレート製のタップホルダーを買いましたが全く緩まない!最高です!
  • もしもの時にあると便利。奥まった場所の修正も、延長すれば難なく届く。道具の組み合わせ、使用者の工夫次第で可能性の広がるツール。買って損はしないでしょう!



【ストレート】六角ダイスホルダー

ストレートのダイスホルダーは、海外製に多い1inch(25.4㎜)六角形状のダイス用です。

次の2点を紹介します。

  • ダイスをホールドするだけの通常ダイスハンドル
  • 長いボルトにも対応できる、エクステンションバー付きダイスホルダー

六角ダイスハンドル

このダイスハンドルは、ダイスを装着して使用する一般的なダイスハンドルです。

ハンドルが左右に長いので、障害物がある狭い箇所では使えませんが、水平に回しやすいので正確な修正が可能です。

ダイスを使う際は、まずはこのハンドルから始めましょう!

♦使用者の感想

  • さすがストレート!ものすごく安い!安すぎて心配でしたが、問題なく使えています。丸形よりも、滑らない六角がやはり使い勝手がいいですね!
  • 六角形状で滑らず使いやすい良い製品。均等に力が掛けられ、綺麗にネジ山修正できます。
  • 安くても作りは丈夫!シンプルなものだけに、がたつきや強度が気になるところですが、全く問題ありませんでした。

六角ダイスホルダーソケット
エクステンションバーセット


この製品は、六角ダイスホールドソケット専用エクステンションバーのセット品です。

ダイスソケットとエクステンションの六角部二面幅は19mmとなっており、ソケットやメガネレンチ、スパナ等を使用して回します。

エクステンションバーの内部は内径13㎜の貫通仕様のため、長く突き出たボルトにも使うことができる非常に便利な製品です。

この様な貫通仕様のダイスホルダーは使い勝手がいいので、ひとつ持っておくと役に立ちますよ!

♦使用者の感想

  • 短いネジならソケット単体でも使用でき、エクステンションバーを使えば長いスタッドボルトの修正に重宝します。今では必需品です!
  • 長いネジの修正時に、かなり役立ちます。メガネラチェットを使えるのでものすごく楽になりました!
  • 面白くていい製品です。痒いところに手が届くと言うのか、使用者や現場のことを良く考えてくれています。おすすめです。

まとめ

ストレートからは、とても使い勝手のいい使用者のことを考えたツールが販売されています。

今回のタップホルダーやダイスホルダーも、ネジ山修正作業の多い方、奥まった箇所の修正に苦戦している方に使って欲しいおすすめのツールです!

ぜひお試しください!

画像出典:www.amazon.co.jp