ネジ山修正に便利!様々な形状のタップ&ダイスホルダー!【ストレート】

ネジ山修正に使用するタップとダイスですが、タップホルダーとダイスホルダーには様々な形状があり、使用箇所によって使い分けすると作業がとても捗ります。

今回は、整備工具販売店STRAIGHTから出ている様々なタップ&ダイスホルダーを紹介します!

ダイスホルダーは海外製に多い六角形状のダイスに合ったものになるので、国産に多い丸型形状のダイスホルダーをお探しなら、下記リンクがおすすめです!

メガネやラチェットでネジ山修正!【Ko-ken】ダイスホルダー
奥まった箇所や、長いスタッドボルトのネジ山修正に便利!コーケンのダイスホルダーは、ラチェットやメガネなどのレンチで回すことで、通常のダイスホルダーではアクセスできなかったネジの修正が可能です!

スポンサーリンク

ストレートのタップホルダー

ストレートで販売されているタップホルダーは、

  • タップを掴むだけの通常タイプ
  • ラチェット機能が付いたタイプ
  • 手持ちのハンドルツールで使用できるタイプ

があります。

使用箇所に応じて使い分けできるラインナップなので、知っておくと役に立ちますよ!

通常ハンドルタイプ

このタイプのタップハンドルは、見た目どおり特に機能は付いていません。

タップをホールドして回す、通常のタップハンドルです。
ハンドルが横に長いので、周囲に障害物があるような狭い箇所での使用はできません。

しかし、そのハンドルを対象物と水平にすることで、タップを直角に挿入できます。

値段も安いので、まずはこちらを各サイズ用意しておくといいでしょう!

 メーカー品番 

 対応タップサイズ 
18-500 M1~6
18-501 M4~12
18-503 M6~20

ラチェット式タップホルダー

このタップホルダーは、ラチェット機構を備えているので楽に作業ができます。

右回転,固定,左回転と切り替えができるので、ネジ山修正時はもちろんのこと、修正後のタップ抜き取りも素早く行えます。

片手での操作もしやすいので、狭い箇所のネジ山修正にもおすすめです!

また、ハンドルはスライドするので、障害物があっても避けることができる点も便利です!

 メーカー品番 

 対応タップサイズ 
18-384 M3~10
18-385 M5~12

タップホールドソケット

タップホールドソケットは、タップを装着してラチェットレンチスピンナハンドルなど、好きなハンドルツールで使用することができます。

奥まった箇所のネジ山修正も、エクステンションバーを組み合わせればアクセスできます。

また、ラチェットなどの片手ハンドルでは水平を取りずらいですが、Tハンドルを使えば水平に回すことができるので安心です!

個々の対応サイズ範囲が狭いですが、一番応用の効くタップホルダーです!

 メーカー品番 

 対応タップサイズ 
18-303 M4~8
18-304 M10~12
18-305 M13~14



ストレートの六角ダイスホルダー

ストレートのダイスホルダーは、海外製に多い1inch(25.4㎜)六角形状のダイス用です。

  • ダイスをホールドするだけの通常タイプ
  • エクステンション付きで長いスタッドボルトにも使えるタイプ

の2点を紹介します。

六角ダイスハンドル

このダイスハンドルは、ダイスを装着して使用するだけの簡単な通常タイプです。

通常タップホルダー同様、障害物のある狭い箇所では使えませんが、水平に回しやすいのでまずはこれから使ってみましょう!

六角ダイスホルダーソケット
エクステンションバーセット

このダイスホルダーは、六角ダイスホールドソケット専用エクステンションバーのセットです。

19mmソケットやレンチを使用して回します。貫通仕様のため長く突き出たボルトにも使用できるので非常に便利です。

エクステンションバーも内径13㎜貫通仕様になっているので、奥まった箇所のボルトの修正にも最適です!

この様な貫通仕様のダイスホルダーは使い勝手がいいので、ひとつ持っていると役に立ちますよ!

まとめ

ストレートからは、とても使い勝手のいい使用者のことを考えたツールが販売されています。

今回のタップ&ダイスホルダーも、ネジ山修正作業の多い方、奥まった箇所の修正に苦戦している方に使って欲しいおすすめのツールです!

ぜひお試しください!