ベアリング抜き取りに!安くても使えるベアリングプーラー

ベアリング抜き取り作業の必須ツール、ベアリングプーラーは多くの種類があります。

数回使うだけなので、プロ向けの高額なツールではなく、2,3千円程の低価格で使えるツールがあれば嬉しいですよね?

そこで今回は、DIYユーザー向けの低価格でも有効なベアリングプーラーを紹介します!

強度と精度の高いベアリングプーラーをお探しの方は、こちらをどうぞ!

ベアリングの確実な抜き取りに!おすすめの内掛けベアリングプーラー
ストレートの内掛け式ベアリングプーラーは、ベアリングにしっかりと爪が掛かり確実に抜き取ります!その強度と精度でプロからの信頼性も高く、ネットでも高評価を得ているおすすめのツールです!

スポンサーリンク

ベアリングプーラー

安価なベアリングプーラーは、確かにトラブルの多い商品もあり、見極めが大事です。

ここでは比較的評価の高い、2種類のベアリングプーラーを紹介します。

ブラインドベアリングプーラー内掛け式

このベアリングプーラーは、色々な販売店で販売されている中国製の商品です。

購入しやすい価格帯で、本格的な使用ではなく数回しか使用しないホビーユーザーに人気があります。

しかし、作りが荒いようでバリが多く、ネジ山もスムーズには動かない箇所(使用には問題ない範囲)があるものも混じっています。
購入者は少し手直しして使っている方が多いようです。

強度に不安がありますが、破損しても買い直せばいいと開き直ることができる価格でもあります。

安いので使いきりと思える方にはおすすめできますが、長く使おうと考えている方には向かないでしょう。

♦購入者の感想

  • 作りは粗いが、ベアリングを外す能力としては問題ない。
  • 固着したベアリングを外すのに使用したので、先端チャックはすぐにダメになったがなんとか外すことができた。この価格なら不満はない。
  • 加工など工夫しないと使えないツール。一応問題なくベアリングは外せたが、加工能力がない人には向かないと思う。
  • 高価なものだと1万円するが、使いきりと割りきって購入。この価格で十分使えるので驚いた!壊れても安いので買い変えればいい。
  • 目的は果たせましたが、次回の使用はできない程チャックが削れました。安いので仕方ないですが強度は低いようです。

3本爪パイロットベアリングプーラー

この形状のベアリングプーラーは、販売店によって色々なサイズがあり、2,3千円と低価格で購入できます。

爪の高さがある為、奥行きのない箇所のベアリングには使用できないので注意が必要ですが、爪が掛かるスペースがあれば問題なく抜き取ることができます。

サイズごとに部品を付け替える必要もなく、アジャスタブルタイプなので範囲内であればどのサイズのベアリングにもしっかりと爪が掛かります。

サイズは、ベアリング内径38㎜まで対応しているものが多く、中には内径50.8㎜までの広い範囲で使える商品もあります。

ただ、全てではないですが、表示しているサイズでも使えないことや、爪が全く掛からない、強度不足でベアリングを引き上げるときに爪が外れる、などのトラブルが多いものもあります。

特別安い商品や、評価が低いものには注意が必要です!

♦購入者の感想

  • 構造が単純で使いやすい。安いけどしっかりした作りなので素人作業にはこれで十分!
  • リーズナブルだがいいツール。バイク、自転車用にはちょうどいい。
  • 安いのでこの価格なら許せるというレベル。高品質を求めているなら高いツールを買いましょう!
  • バイクのホイールベアリングに使用。このツールでは外せないという声が多かったが、自分は問題なく外せた。使い方次第でしょう。
  • 安くてもいいものはある!見極めが大事!

まとめ

やはり安価なベアリングプーラーは、否定意見も多いですね。

もちろん問題なく作業でき、価格と品質に満足されている人も多いです!

加工能力や設備がある人は上手に使っているようですが、自信がない人は割りきれる方だけ試してみることをおすすめします。