毎シーズンのDIYタイヤ交換に!おすすめのコード付きインパクトレンチ100V

自分でタイヤ交換をしようと考えたときに、多くの方がインパクトレンチの購入を考えるでしょう。

プロのような経験と十分な設備が無い状態のタイヤ交換は、非常に大きな労力と時間がかかります。

しかし!電動ツールのインパクトレンチがあれば、作業はとてもスムーズに、楽に行えます!

そこで今回は、一般の方でも使いやすく、価格的にも購入しやすい電動コード式インパクトレンチ AC100Vを紹介します!

スポンサーリンク

コード式インパクトレンチの選び方

普通車のタイヤは、ひとつ当たり4個か5個のホイールナットで固定されており、当然ながら固く締まっています。

電動ツール無しで、合計16~20個の固くしまったナットの締緩作業は思っているよりも大変で、初めて作業する方にとっては辛いものになるでしょう。

インパクトレンチは初心者の方でも扱いは簡単で、DIYが人気の昨今では一般の方の所持率が高いツールでもあります。

それでは、コード式インパクトレンチの購入に当たり、押さえておくべきポイントを見ていきましょう!

  1. 最大トルク
  2. 電源の確保
  3. 替えカーボンブラシの有無

1,最大トルク

ホイールナットの締め付け規定トルクは、次のとおりです。
  • 普通車:90~110Nm
  • 軽自動車:70~90Nm

例えば、100Nmで締まったナットを緩めるのに、最大トルク100Nmのインパクトレンチではパワー不足です。

また、トルクレンチで測定せずに足で体重を掛けて目一杯締めている場合や、しばらくタイヤ交換をしていない車はナットが固着している可能性があり、それ以上のトルクが必要になります。

これらを考慮し、タイヤ交換作業には最大トルク200Nm以上のインパクトレンチをおすすめします。

2,電源の確保

コード付きタイプの場合、100Vコンセントでの電源確保が必要になります。

購入前に、コンセント(家庭用電源AC100V)の位置の確認をしておきましょう!

また、購入の際には本体性能だけでなく、電源コードの長さも重要です!

短いようであれば延長コードも合わせて購入する必要があります。合わせて5mあればストレスなく作業できるかと思います。

3,替えカーボンブラシの有無

カーボンブラシとは、簡単に説明すると電動ツールのモーターに電気を流す役割をしている部品です。

このブラシが無いとインパクトレンチは作動しないので、電動ツールにとって必須部品でと言えます。

摩擦していく消耗品なので定期的に交換する必要があります。

インパクトレンチが動かなくなり、「故障かな?」と思ったら、まずはブラシの残量を確認し、減っていれば交換しましょう。

カーボンブラシは、インパクトレンチ1台に2個付いているので、替えパーツが販売されているかの確認も必要です。

交換方法は取説にも載っていると思いますが、誰でも簡単にできます。

DIYタイヤ交換におすすめのインパクトレンチ

DIY作業向けの購入しやすい手頃な値段で、初心者の方にも扱いやすいインパクトレンチを紹介します!

ネットで評判が良く、人気の高いおすすめ品です。是非参考にしてください!

  • 【メルテック】電動インパクトレンチ 250Nm
  • 【エマーソン】ハイブリッドレンチ 300Nm
  • 【RYOBI】インパクトレンチ 200Nm
  • 【E-Value】インパクトレンチ 200Nm

【メルテック】電動インパクトレンチ 250Nm

【製品情報】

  • 差込角:1/2”(12.7㎜)
  • 入力電圧:AC100V
  • 最大トルク:250Nm
  • コードの長さ:約2.1m
  • 本体サイズ:幅80×高さ205×奥行き290mm
  • 重さ:約2.1kg(コード・ソケット除く)
  • 付属品:19mm・21mmディープソケット、専用ケース、カーボンブラシ2個(予備)

メルテックのインパクトレンチは、手頃な価格で必要十分なパワーを持っている

ことで評価されている製品です。

トリガーの引く量で回転数の調整ができる為、ナットの締め付けにも安心して使えます。

19㎜と21㎜ディープソケットが付属されているので、多くの車両はこの製品を購入するだけで対応できます。カーボンブラシの予備が付いている点もさすがです!

ただ、コードは2.1mと長くはないので、延長コードを用意しておく方がいいでしょう。

◆使用者の感想

  • 今までは十字レンチでタイヤ交換をしていましたが、年齢的に厳しいためインパクトレンチの購入を検討。一年で使う回数も知れているので、値段の手頃さはありがたいです。ソケットも付いており、お買い得です。
  • 安価なシガーソケット電源タイのインパクトレンチでは、パワーが弱くて緩まなかったが、この製品はパワフルで簡単に緩みました!
  • 仕事用としては耐久性が不安だが、自宅でのシーズン毎のタイヤ交換にはコレで十分!コードがもう少し長ければなおよかった。
  • 本体はしっかりした作りで頑丈。トリガーの引き方で回転数を調整できるので、締め付けすぎも防げるので使いやすい。

【エマーソン】ハイブリッドレンチ 300Nm

【製品情報】

  • 差込角:1/2”(12.7㎜)
  • 最大トルク:緩め(左回転)300Nm/締め(右回転)120Nm ※安全締め付け機構付き
  • コード長さ:2.0m
  • 本体サイズ:奥行き27.3x幅7.4 x高さ20.3 cm
  • 重さ:2.1kg
  • 付属品:19mm・21mmロングソケット、ジャッキヘルパーAタイプ・Bタイプ、予備カーボンブラシ

エマーソンのインパクトレンチは、最大トルク300Nmとパワフルなインパクトレンチです。

魅力的な点は、トルクリミッター(安全締め付け機構)が付いているのでナットの締め過ぎを防ぐことができ、安全に作業ができます。
(トルクレンチでの最終確認は必要です。)

豊富な付属品の内容は、19㎜21㎜ロングソケット、車載パンタグラフジャッキのジャッキアップをインパクトレンチで行うアダプターとなっています。

しかし、ジャッキアップアダプターに関しては、「軽は上がるが普通車ではトルク不足、音が大きすぎて周りに気を使う」という声が多いです。

◆使用者の感想

  • ホイールナットは楽に緩むが、付属品のジャッキアップアダプターはトルクが足らないようでなかなか上がらず、音がうるさくて使えない。それを踏まえても、値段が安いので許せる。
  • パワーが強くてタイヤ交換が楽になりました。ただ、コードが短いので延長コード必須です。ソケットは付属品でも自宅用には十分です。
  • 仕事で1日に何台もタイヤ交換をするので、トルクリミッターはすごく便利です。通常のインパクトレンチだと、流れ作業のなかで締め付け過ぎが怖かったが、コレなら安全に作業ができる!
  • 音は大きいもののなかなかパワフルで気に入りました!毎回のタイヤ交換が楽しみになりました!



【RYOBI】インパクトレンチ 200Nm

【製品情報】

  • 差込角:1/2”(12.7㎜)
  • 最大トルク:(強)200Nm、(弱)100Nm
  • 強弱ワンタッチ2段階切換
  • 暗所での作業をアシストするLEDライト付
  • サイズ:長さ233×幅72.5×高さ205mm
  • 質量:1.5kg
  • コード長さ:5m
  • 付属品:19㎜・20㎜薄口ロングタイプソケット、キャリングケース

RYOBIのインパクトレンチは、メーカーの知名度の高さと、信頼性の高い品質で選ばれています。RYOBIのインパクトレンチは、この機種に限らずどれも評価が高い人気のメーカーです。

トルクが2段階切り替えでき、100Nmの弱モードでは締めすぎる心配がないことから、仮締めに便利という点も評価されています。

最大トルクは200Nmあるので、規定トルクで締まっているホイールナットは十分に緩めることができます。

トルク切り替えに、LEDライト付き、コード長さ5mと非常に使い勝手がいい製品な為、入門機としてもおすすめです。

◆使用者の感想

  • さすがRYOBIのインパクトレンチ!ホイールナットは楽に緩みます。ジャッキアダプター使った2t車のジャッキアップも、すんなり上がったので数値以上のトルクを感じます。
  • 強弱のモード切り替えができ、強ではナットを余裕をもって外せ、締め付けは弱を使うと締めすぎることがなくて安心。今までRYOBIでハズレはないので、インパクトもこれにしてやっぱり正解でした!
  • 思ったよりも軽く、音も他と比べて静か。でもパワーはあるので自家用車のタイヤ交換に最適です!ホームセンターで買った安物は音がでかくて使えなかったが、これは本当にいい!日が落ちてきてもLEDで手元を照らせるのは助かります。
  • リョービの製品という点と、トルク弱で早締めも安心できるという点で選びました。海外製の300Nm表記のものよりもパワーがあります!他の製品とは違い、コードが長いのも評価できます。

【E-Value】インパクトレンチ 200Nm

【製品情報】

  • 最大トルク:200Nm
  • 差込角:1/2”(12.7mm)
  • スイッチの引き加減で回転数の速度調整ができる。
  • 腰に掛けられるフック付き。
  • 作業補助用のサイドハンドル付き。
  • コード長さ:10m(肉厚なVCT電線は耐久性に優れている 。)
  • 重量:2.1kg
  • 付属品:セミロングインパクトソケット(17,19,21mm各1本)、サイドハンドル

E-Valueのインパクトレンチは、サイドハンドル付きで安定性が高く10mの超ロング電源コードが特徴です。

トリガーの引き加減で回転数を調整できるので、慣れると締め付けも素早く行えます。

また付属品では、17,19,21㎜の3サイズのセミロングソケットが付いています。

10mの電源コードは地面に擦ってしまうと摩耗が心配ですが、被覆の厚いケーブルを採用している為、耐久性が高いです。

コード式インパクトレンチでは上部が重く不安定になってしまいますが、補助ハンドルがあると安定するので作業性が向上します。インパクトレンチを使い慣れていない方にとっては、この補助ハンドルは重宝するでしょう。

◆使用者の感想

  • ホイールナットは楽々緩みます。握力が弱いのでサイドハンドルはあると握りやすいです。電源コードも長いのでタイヤ交換時に取り回しがいい。
  • 補助ハンドルでインパクトレンチの重さを分散できるので疲れにくい!コードが10mもあるので、屋内から繋いでもなんとか届きました!
  • タイヤ交換にはトルクも十分!トリガーの引き加減で回転数の調節ができるのでオーバートルクも防げて安心です。付属のボックスも、割りとしっかりした作りで使えます。
  • この製品は、補助ハンドルがあるのでおじさんや女性にもおすすめ。タイヤ交換も毎回持ち込むと結構な金額になるので、これだと負担も少なく自分で出来ます。

まとめ

電動インパクトレンチは、コンセントに繋いで使用するので安定して強いパワーで使えるのが魅力です!

エアー式はエアー圧が、充電式は電池残量によってパワーが弱くなることがありますが、コンセントがある場所に限られますがコード式は安定してトルクが出るのでおすすめです!

販売価格も手頃な製品が多いので、一般の方に多く売れている商品でもあります。

インパクトレンチを手に入れて、楽にタイヤ交換をしましょう!