樹脂パーツの補修に効果的!割れや欠けにおすすめのプラスチックパテ

車やバイクの整備中、不意に樹脂パーツが割れてしまうことはありますよね?

日にされされたり経年劣化で脆くなった樹脂パーツは、力をかけると簡単に割れてしまいます。

そこで今回は、破損した樹脂パーツの補修に役立つ強度の高いプラスチックパテを紹介します。

関連記事

接着しにくいポリエチレン・ポリプロピレン用接着剤!セメダインPPX
従来の接着剤では着かなかったPP,PE,シリコンゴムが、セメダインPPXで強力接着!諦めて処分していた樹脂パーツも、これからは再使用可能!特殊プライマーと高性能接着剤で強力に接着します!
接着剤では補修できない樹脂パーツに!プラスチックリペアキット
バンパーやカウル等のプラスチック全般の補修に便利!接着剤で修復できない樹脂パーツも完全補修し、ピンを埋め込むので強度抜群!多くのプロが樹脂パーツ補修に使っており、接着剤のように取れる心配なし!商品説明から使い方まで紹介しています!

スポンサーリンク

樹脂パーツの補修にはプラスチックパテが効果的!

樹脂パーツが破損したからといって諦めるのは早いです!今はプラスチックの補修に効果の高い、優秀なパテがたくさんあります。

車・バイクの整備中に、樹脂パーツの欠け割れでお困りの方は多いでしょう。新品パーツは値段が高く、製造終了で入手困難なパーツも多いです。

そういう時には、一度自分で補修してみませんか?

プラスチック補修パテで接着・整形し、ヤスリ掛け塗装まですると、かなり元の状態に近いところまで補修ができます。

製品によっては、ドリルでの穴開けタップを立てることもできる程、強度の高い物もあるのであらゆる箇所の補修に対応可能です。

おすすめのプラスチック用 補修パテ

今回紹介する製品は次の3点です。

  • 【セメダイン】エポキシパテ プラ用
  • 【LOCTITE】多用途補修パテ
  • 【武藤商事】プラリペア

3点とも有名なメーカーの商品で、その効果はどれも確かです。

プラリペアはパテとは異なるかもしれませんが、プラスチック補修には欠かせない商品の為、紹介します。

【セメダイン】穴うめ・成形 エポキシパテ プラ用

【製品情報】

  • プラスチックのように多少の弾力性をもって固まる。
  • 釘打ち、穴あけ可能。塗装可能。サンデイング可能。
  • 主成分:エポキシ樹脂
  • 容量:45g
  • 色:灰色
  • 硬化時間:60分(23℃)
  • 可使時間:8~10分(23℃)
  • 耐熱温度:100℃

※ポリエチレン、ポリプロピレン、ナイロン、軟質ビニール、フッ素樹脂、ゴムには使用不可。

セメダインのプラスチック補修用エポキシパテは、外側と内側の異なる成分(主剤と硬化剤)を練り合わせることで硬化が始まるエポキシパテです。

硬化後はプラスチックのような適度な弾力と高い強度を持つため、ヤスリ掛け穴あけ塗装もできます。

様々な加工に対応できる優れたパテで、粘土のように自由に造形ができる使い勝手の良さでも定評があります。

車やバイクのパーツ補修の他、家具や電化製品、プラモデルなど幅広く使われている汎用性の高いプラスチック用エポキシパテです。

残りは、主剤と硬化剤が混ざらないように気をつけ、乾燥しないように保管すれば次回も使用できます。

■使い方

  1. 補修する面のゴミ・サビ・油汚れを落としてよく乾燥させ、サンドペーパーをかけて表面をザラザラにします。
  2. 付属の保護手袋を着用し、エポキシパテを取り出します。
  3. カッターなどで必要な量だけ切り取ります。
  4. 外側と内側の色むらがなくなるまで練り合わせます。
  5. 混合したら、10分以内に作業を行います。
  • 湿った布や水でぬらしたヘラで表面をならすときれいに仕上がります。
  • 60分で実用強度に達します。ヤスリ掛けや塗装は24時間経過後に行ってください。

♦使用者の感想

  • プラスチックカバーの取り付け受け側の補修に使用。最初は整形が難しかったが、手を水で濡らしながらすると簡単に綺麗に仕上がりました。硬化後にタップを立てましたが、強度はしっかりしていて問題なく取り付けられました!
  • 使いやすいおすすめのパテ。乾燥後はヤスリで整えて塗装すると、割れが分からないほど綺麗になる。
  • ベタベタで練りにくいが、濡れ布巾を用意しておいて適度に手袋を湿らせると引っ付きにくくなる。硬化後の強度はプラスチックよりも硬い感じです。
  • バンパーの割れに使いました。欠けがあって破片は紛失していたため、裏側から押し込んで無理やり埋めてからヘラで均すと綺麗に仕上がりました!外れる気配はなく、耐久性は高そうです。工夫次第で色々使えそうですね。

【LOCTITE】多用途補修パテ

【製品情報】

そのまま指で練るだけで使え、あらゆる材質に使える多用途補修パテ。気軽に使える少量小分けタイプ。

各種プラスチック、パイプ、家具、浴室タイルなどの穴埋め・欠け・接着補修に最適。金属、ガラス、木材、硬質プラスチック、コンクリート、モルタル、タイル、ブロックなど。

  • 気軽に使える少量パック。
  • 多用途タイプ。
  • 湿った面や水の中でも硬化します。
  • 穴あけ、ヤスリがけ、塗装可能。
  • 耐水性、耐候性(-30℃~120℃)があり屋外でも使用可能。
  • 主成分:エポキシ樹脂
  • 硬化時間の目安:実用強度15分/最終強度24時間(23℃)
  • 内容量:30g(5g×6個)

※ポリエチレン、ポリプロピレン、ナイロン、軟質ビニール、フッ素樹脂、ゴムには使用不可。

ロックタイトの多用途補修パテは、セメダインのエポキシパテと同様に、主剤と硬化剤を練り合わせて使用します。

この製品の特徴は小分けにパックされている点で、カッターで切り分ける必要がなくすぐに使うことが出来ます。

また、プラスチック以外にも多様な材質に使用可能で、湿った面や水中でも硬化する使いやすさがあります。洗面台や風呂場などの水場で使う方も多いようです。

耐水性耐候性にも優れているため、屋外での使用にも安心です。

硬化時間は15分と早いため作業時間が短くなるので注意が必要です。練っている最中から硬くなり始めるという声もあり、手際よく作業する必要があります。

逆に言えば、すぐに効果が欲しい方には使いやすいでしょう。

残りの保管も容易なため、少量を少しずつ使いたい方にも最適な商品です!

この商品の他にも、「5g×2個パック」や必要分を切って使う「棒状48g」の商品も用意されています。

■使い方

  1. 補修面の汚れを落とし、脱脂して吸着性を高めると効果的。
  2. パックから出し、付属の手袋を着用して練り合わせます。
  3. ただちに補修面に使用します。
  4. 15分ほどで固まります。(最終強度は24時間)

※練り合わせたパテは反応熱によって数分後に高温になるため、注意してください。

♦使用者の感想

  • 小分けパックなのはすごくありがたい!切り分ける必要があるエポキシパテを使ったときに、混ざるとダメなのに綺麗に切れずに断面が潰れたり、ベトベトでカッターがダメになったりしたが、これだと安心です!
  • すぐに硬化が始まるので、練り上がったら素早く作業をする必要がある。自分は早く固定したかったので助かったが、ゆっくり丁寧に作業するつもりの人は焦るでしょう。硬化が早く、強度が高いのでいつも助かっています!
  • カウルの補修に使いましたが、不器用な自分でも簡単に出来たことに満足しています。接着剤だとすぐに剥がれるが、パテは後ろから盛ることができるので強度抜群です!
  • 棒状の切って使うタイプは、余りが硬化していて次回使えないことがあるが、小分けにパックされていると劣化しない!硬化時間が早いので、広い範囲を少しずつ補修していくときにも使いやすいです。

【武藤商事】プラリペア

【製品情報】

化学結合で折れ・割れ・欠けを強力再生補修。固まればプラスチックそのもの (アクリル樹脂)。

強力溶着・穴うめ・ネジ山再生まですべてこれ1つでOK !各種素材に化学結合、あるいは付着接着します。

  • 表面は塗装・メッキなどの仕上げ処理が可能。
  • 硬化後は樹脂になるので、大きな力や振動の加わる部分の接着も安心。
  • 硬化時間:わずか5分で化学結合(25℃)
  • 内容量:粉5g、液10ml
  • 主な製造国:日本

プラスチックパーツの補修と言えば、真っ先にプラリペアが思い浮かぶ方も多いと思います。プロの整備士にも愛用者が多いほどに、高い効果と信頼性のあるプラスチック補修剤です。

プラリペアは、「粉と液」を必要量だけ混ぜて使う2種混合タイプの造形補修材です。

割れや欠け、またはなくなった部分の再生、FRP繊維などを使って部品の強化、そしてネジ山の再生が可能です。

プラリペアは、単なる接着剤ではなく「造形補修材」です。接着剤とは異なり、溶着(溶かして固める)するため確実に接着補修します。

そして、プラリペア自身も固まると樹脂(アクリル樹脂)となります。したがって、欠けてなくなってしまった部分を再生復活させるという普通の接着剤では不可能なことも可能とします。

使い方を見ると難しく感じるかもしれませんが、実際に使ってみると意外と簡単に作業できます。

別売り商品の「型取くん」を使えば、欠損部品の復元も容易に可能となります。

プラリペアを初めて使う方は、今までにない接着力と強度、造形の自由度の高さに驚かれるでしょう!

液や粉はそれぞれ単品販売があるので、片方がなくなっても安心です!

色はクリア、白、黒、赤、青、黄色の6色あります。使用箇所に応じて色の使い分けも可能です。

■使い方

メーカーが詳しく説明してくれているので、こちらを読まれると分かりやすいです。

⇒プラリペアの基本の使い方

♦使用者の感想

  • 樹脂パーツのツメやフックに効果的!接着剤ではすぐに取れてしまうが、かなりしっかりと引っ付いていて取れる気配はない。今までに感じたことのない接着力です!
  • プラスチックカバーのツメはすぐ折れてしまうのでいつも困っていましたが、プラリペアだと簡単に強度の高い補修ができます!部品購入をするとものすごく高いので、いつも本当に助かっています。
  • 硬化後はプラスチックのような適度な弾力があって耐久性が高い。接着剤は面には強く辺に弱いが、プラリペアは辺と辺の接着にも使える!型取くんと合わせて購入しても、結果を考えれば安いです。
  • 補修したところは前よりも強度が上がっているのでは!?と思うほど満足のいく仕上がり!車、バイク、プラモデルと活躍の場は多数。まさに最強の樹脂補修剤!

まとめ

プラスチックパーツが破損や欠損をしたときには、ぜひこれらの補修剤を試してみてください。

今まで諦めていたものも、これからは自分で補修をすることができますよ!

今回紹介した3点は、使用者の評価が非常に高いので、きっと満足にいく結果を得られることと思います。

画像出典:www.amazon.co.jp