油圧ジャッキのオイル漏れ止め剤!効果が高く予防にもおすすめ

出典:エンジン添加剤.com

ガレージジャッキ(フロアージャッキ)、ボトルジャッキなどの油圧ジャッキは、経年劣化によってOリングというゴムのシール材が摩耗し、オイル漏れを起こすことがあります。

オイルが漏れていると、最高位まで上がらなくなったり、負荷がかかった状態で下がってきたりとジャッキ本来の能力が出せなくなります。

そこで今回は、注入するだけでオイル漏れを止めることができる、【RISLONE】リスローン 漏れ止め剤入りジャッキオイルを紹介します。

評判の良い製品であり、高い効果が期待できます!

関連記事

エンジン不具合には【RISLONE】エンジンオイル添加剤が効果的!
エンジンオイル漏れ,オイル上がり,オイル下がりに高い効果を出す添加剤を紹介します。アメリカで約100年の歴史を持つリスローン。高品質なケミカル製品は信頼性が高く、様々な不調にピンポイントで作用します。
エンジンオイルの漏れ止めには添加剤を!修理に出す前に試す価値のある添加剤
エンジンオイル漏れに、効果の高い漏れ止め添加剤を紹介します。修理に出すと高額な工賃を取られることもあるオイル漏れですが、添加剤で改善する場合も多いです。すぐに修理へ持っていけない、とりあえず車検を通したい方へ、修理前のつなぎにも使えます。
スポンサーリンク

ガレージジャッキのオイル漏れ

ガレージジャッキには、ジャッキオイル(油圧作動油)という専用オイルが使われており、動力を伝達する重要な役割を担っています。

ジャッキオイルが油圧機器の外に漏れ出さないように、Oリングといったゴムシールが各部に取り付けられていますが、ゴムである以上劣化してしまうので、年数が経つとオイル漏れを起こしてしまいます。

そしてオイルが漏れ出してしまうと、当然ながら車両のジャッキアップはできなくなります。少量のオイル漏れであれば数回は問題なく上がったとしても、そのままにしておくと間違いなく症状は悪化するでしょう。

ガレージジャッキの保管環境や使用頻度、元々の品質によってゴムシールの寿命はそれぞれですが、日頃から注意しておく必要があります。

使用前には、

  • ジャッキを動かしたときに床にオイルの染みが無いか。
  • ジャッキの各部にオイルのにじみが無いか。

を確認しましょう。特に、個人の方で使用頻度が低いのなら、使わないときにも定期的に確認することをおすすめします。

【RISLONE】ストップリーク剤入りジャッキオイル RP-61812

【製品情報】

  • ゴムシールやOリングの失われた弾力性を復元。
  • VG32,VG46,VG68を含む油圧作動油や除雪車などのオイルにも適応。
  • 非腐食性、無発泡、目詰まりの心配がありません。
  • 容量:370ml
  • 使用量:オイル2~3Lに一本

【リスローン】漏れ止め剤入りジャッキオイルは、油圧作動機器のオイル漏れを防ぐために作られた製品です。

油圧ジャッキへ注入するだけで、経年劣化で損耗したゴムシールの弾力性を復元し、古いジャッキの大量のオイル漏れを補修します。また、新しいジャッキのオイル漏れの予防にも効果的です。

ガレージジャッキ,エアージャッキ,ボトルジャッキ(ダルマジャッキ),エンジンクレーン,オイルポンプ,除雪車,フォークリフト,ブルドーザーといった、油圧作動油を使用する様々な機械に使用可能です。

また、「ISO VG-10,15,22,32,46,68」を含む、国際規格で承認されたあらゆる油圧オイルに適応しています。

製品自体の値段は安く、高い漏れ止め効果を発揮してくれるので、オイル漏れを起こしているのなら一度試す価値があります。また、今は漏れがないジャッキでも、予防として入れておくことで寿命を伸ばす効果が期待できます。

項目 適応
ジャッキアップ不可
ジャッキオイル漏れ
ゴムシールの弾力性を復元
ゴムシールの潤滑性向上
ジャッキの予防保全

■使い方

  1. オイル注入口を綺麗にしておく。
  2. 本品を適切な量を注入する。(使用量:2~3Lに1本の割合)
  3. それぞれの油圧機器の適切な方法でエア抜きを行う。

添加後3日程、通常使用をすることで効果が出ます。止まらない場合はOリングが破損・断裂している可能性があります。その場合は部品交換の必要があります。

♦使用者の感想

  • 処分しようと思っていた古いフロアジャッキにダメもとで入れてみました。使っていくうちに少しずつオイル漏れがましになり、完全ではないが問題なく車が上がるようになった!修理するのも処分するにもお金がかかるので、かなり安上がりで済んで助かりました。
  • オイル漏れが原因で、ジャッキアップ時に徐々に下がってきていたので使ってみましたが、しっかり保持するようになりました!非常に満足しています。
  • ネットで買ったガレージジャッキをどこに修理へ出せばいいか分からず、新品を買うのも勿体ないと思い、評価の高いこの製品をすがる思いで試してみました。使ってしばらくすると効果が現れ、漏れが気にならない程度になりました!

画像出典:https://shopping.yahoo.co.jp/

DIY整備におすすめのガレージジャッキの選び方!
DIY用ガレージジャッキの選び方、それぞれの特徴と利点を紹介。目的に合ったジャッキを選びましょう!アルミジャッキ,油圧式パンタグラフ,フロアジャッキミニタイプがDIYにはおすすめ!