【CVT車用添加剤】異音,滑り止め,漏れ止め,ジャダー改善のおすすめ品

メンテナンスフリーで知られるCVT車(無段変速機)ですが、メンテナンス不要とはいえ発生する異常・不具合はそれなりにあります。

そして不具合が発生して修理が必要となった場合、CVT車はAT,MT車と違い修理代金は非常に高額となってしまいます。(理由は後述しています。)

そこで今回は、CVT車で異常が起きたときに症状を改善し悪化を防ぐCVTオイル添加剤を紹介します。

スポンサーリンク

CVT車に見られる主な問題・症状

CVT車は、基本的にはメンテナンス不要と言われています。オイル交換も必要ないというメーカーもあり、基本無交換で大丈夫です。

そんなCVTユニットですが、シビアコンディション(過走行)や経年劣化で様々な不具合が起こり得ます。

それでは主な症状を紹介します。

ジャダー現象(車体振動)

発進時等にガタガタとぎこちない動きが起こる。オイル漏れ、オイル不足、油圧の低下、オイルの劣化、フィルターの詰まり、チェーンまたはベルトの損傷などが原因となります。

スリップ(チェーンまたはベルトの滑り)

エンジンは回転しているが、タイヤへ動力が伝達されていない。オイル漏れ、オイル不足、油圧の低下、オイルの劣化、フィルターの詰まり、チェーンまたはベルトの損傷などが原因で引き起こされます。

異音

CVT車は発進時や加速時に新車であっても「カリカリ」や「シャリシャリ」といった音がしますがこれは正常です。以前は聞こえなかった音がしたり、車両が止まっているときやニュートラルの状態で異音を発した場合は、摩耗した部品がある可能性があります。

ドライブ・リバースの反応遅延

ギヤを入れてから動き始めまでが、通常よりも時間がかかる。オイル漏れ、オイル不足、フィルターの詰まり、トランスミッションの摩耗が原因の可能性があります。

作動不能

エンジンはかかるが、「D」または「R」で車両が動かない。オイル不足、フィルターの詰まり、電気系統の異常、トランスミッションの致命的な故障が発生している可能性があります。

CVTフルード漏れ

オイル漏れはCVTトランスミッションのゴムシールやOリングが使用されている箇所から発生する可能性があります。オイルが漏れていると、上に挙げたような様々な症状を引き起こします。

おすすめのCVTオイル添加剤

CVT車で修理や交換が必要となった場合、20万~50万、もしくはそれ以上かかることもあります。

これは、CVT車はベルトのみの交換はできず、ユニットまるごとを載せ換える必要があるため高額になってしまいます。

しかし、万が一前項のような異常が発生した場合でも、CVT添加剤を注入することで症状が改善されることもあります。また、症状が出る前に添加しておくことで、内部パーツの洗浄・保護をし、寿命を伸ばす効果も期待できます。

それでは、CVT車におすすめのオイル添加剤を2点紹介します。

【RISLONE-リスローン】CVTトランスミッションフィックス RP-61514

【製品情報】

  • ジャダーの改善、異音の低減、ベルトの滑り止め、オイル漏れ止め効果がある。
  • 温度によるオイルの劣化や焼付きを防止する。
  • ベルト式CVTとチェーン式CVTに使用可能。 ※CVT以外のAT、MTには使用不可。
  • 内容量:325ml
  • 添加量:5∼9LのCVT車・・・1本/5L以下のCVT車・・・1/2本

リスローン CVTトランスミッションフィックスは、合成油ベースの日本市場向けに特別に開発したCVT専用添加剤であり、ジャダーの改善・異音の低減・ベルトの滑り止め・オイルの漏れ止めに効果があります。

極圧・摩擦調整剤と高品質の添加成分により、摩擦面の直接的な接触を回避することで摩擦・摩耗を抑えます。それにより、温度によるオイル劣化、焼付きなどを防止します。

また、Rislone独自の高性能ブースターの効果により、高温が原因となるオイル酸化劣化を抑制し、CVTオイルとCVTシステムの寿命をより長持ちさせます。

AT・MTには使用できませんが、ベルト式CVTとチェーン式CVTには安全に使用いただけます。

【RISLONE-リスローン】とは?

1921年設立以来、高品質な自動車用ケミカル製品を作り続け、全世界で信頼を得ている自動車ケミカルのトップブランド。

長い歴史と確かな北米製の品質で、漏れ止め、補修、メンテナンスなど、広範囲なニーズに答え続けるパイオニアメーカー。

■使い方

  1. 使用の前に、ボトルをよく振っておく。
  2. CVTフルードに対し、規定量を注入する。(5∼9LのCVT車:1本/5L以下のCVT車:1/2本)※1/2本で効果は得られますが、1本使用しても問題ありません。
  3. 添加後、症状次第ですぐに効果が得られる場合もありますが、350km程度走行すれば、基本的に効果が発揮されます。

※万が一、症状のひどいCVT車に使用し効果が得られなかった場合は、CVTフルードとフィルターを交換した上、もう1本ご注入をお勧めします。

◆使用者の感想

  • アメリカに住んでいたときは、添加剤と言えばリスローンでした。このCVT添加剤は初めて使いましたが、ジャダーはすぐに治まりました!さすがの信頼性で安心して使えます!
  • CVTに添加剤を使うのは少し怖かったですが、過走行気味で異音が気になるので使ってみました。結果は大満足で、添加してすぐに異音は気にならないくらいになり、パワーも向上したように走りが変わりました!
  • 年数が経ってきたので、CVTフルードの交換と一緒におすすめされたこちらの添加剤を入れてみました。オイル交換の効果ももちろんあるのでしょうが、走り出しがスムーズになり音と振動が軽減しました!大切に長く乗りたいと思い添加剤を利用しましたが、入れて正解だと感じています。

【D-1ケミカル】化学合成オイル添加剤 SOD-1 Plus

【製品情報】

  • 発進時のジャダー(車体振動)、シフト・ギヤ入改善。
  • 軽度の変速ショック、走行に伴ううなり音、異音、すべり低減。
  • 蓄積した酸化物質の還元洗浄。
  • 燃費改善、出力の向上。
  • Oリング、ゴムシールの硬化抑制と柔軟性の回復。
  • オイル漏れ、にじみの防止とシーリング効果。
  • エンジンオイル、AT、MT、CVT、PS、4サイクル船舶等幅広く使用可能。
  • 内容量:1L
  • 添加量:CVT、ATの場合はオイル総量の7%

万能オイル添加剤として抜群の人気と確かな性能を持つ「D-1ケミカル SOD-1Plus」。

CVTフルードに添加すると、オイル交換では除去しきれない汚れを強力な洗浄作用で分解除去します。蓄積した汚れを取り除くことで、変速ショックやジャダーを低減します。

また、劣化して硬化したゴムシール・Oリングの柔軟性を回復させることで油圧漏れを防ぎ、変速ショックや滑りを改善します。

SOD-1は、石油系合成油と比べて油膜が強く、「極性基」という潤滑面に吸着するエネルギーをもっている為、金属面に吸着し摩耗予防・異音の解消・圧縮圧力の改善を行います。CVTシステムの負担が軽減することで長寿命に繋がります。

SOD-1はCVTフルードだけではなく、エンジンオイル、オートマチックトランスミッション、油圧式パワーステアリング、デファレンシャルギア、マニュアルトランスミッション、4サイクル船舶等、幅広いオイルに使用可能な万能オイル添加剤です。

一部の自動車整備振興会の推奨により多くの整備工場で取り扱っているだけでなく、トヨタやホンダを始めとする自動車メーカーも導入を図り、着実に成果を上げています。

■使い方

オイル交換の際に、CVTフルード総量の7%を新油と混ぜて注入する。

◆使用者の感想

  • ジャダーが出て不快だったので、評判がよく使っている人が多いSOD-1を購入。驚くほど見事にジャダーが改善しました!それなりに知識のある人なら簡単に交換はできると思います。試す価値あり!
  • 修理工場でこのままだとCVTユニットごと交換が必要になると言われ、ネットで一番評価の高かったSOD-1を試しに使ってみました。ガッタガタだったのが劇的に改善しました!高額修理を回避でき、本当に助かりました。
  • 悩んでいる人に強くおすすめします!まさに理想の添加剤!様々なオイルに添加でき、洗浄力の強さと潤滑性能の高さはさすが。あらゆる問題を解決してくれるので、まずは使ってみて欲しい!

★合わせて読まれているおすすめ記事

【漏れ止め剤】パワステのオイル漏れに効果が期待できる添加剤を紹介!
パワーステアリング周辺のオイル漏れ。修理の前に漏れ止め剤を試してみませんか?高額な修理費用をかけずに数千円の添加剤で改善することもあり、一時的な応急処置として効果的です。また、漏れが発生する前に事前に入れておくことで予防効果も期待できます。
エンジン不具合には【RISLONE】エンジンオイル添加剤が効果的!
エンジンオイル漏れ,オイル上がり,オイル下がりに高い効果を出す添加剤を紹介します。アメリカで約100年の歴史を持つリスローン。高品質なケミカル製品は信頼性が高く、様々な不調にピンポイントで作用します。