ガソリン添加剤おすすめ3選|選び方とメリット・デメリットを紹介

「最近、車の調子が悪いなぁ···」と感じることはありませんか?

燃費が悪くなった、パワーが落ちて初動が遅い、アイドリングが不安定、振動が大きいなどの症状であれば、ガソリン添加剤を使うことで改善することも多く、定期的に使用することで様々な不調を未然に防ぐことができます。

しかし、ガソリン添加剤は種類が多いのでどれを選べばいいのか迷いますよね?

 

そこで今回は、ガソリン添加剤の選び方とメリット・デメリットを解説し、ガソリン添加剤のおすすめ品3選を紹介します。

 

スポンサーリンク

ガソリン添加剤とは?

【ガソリン添加剤の役割】

  1. エンジン内部(燃焼室や吸排気バルブ、インジェクター等)に堆積したカーボン・ワニスなどの汚れの除去。
  2. ガソリンタンク内、燃料経路のサビや腐食の防止。
  3. 潤滑性、燃焼効率の改善による、燃費や加速性能の向上。

製品にもよりますが、これらが基本の効能です。

 

車のエンジンは、走行距離が伸びるにつれてカーボン等の汚れや摩擦抵抗が増すために正しい燃焼が行えず、本来のパワーが出せなくなります。

そこで、ガソリン添加剤を使用することで「ガソリンタンク・燃料が流れる経路・燃焼室」という各パーツの洗浄を行い、本来の性能が出せるようします。

したがって、ガソリン添加剤を入れたからといって、飛躍的に性能が向上することはありません。あくまでもエンジン本来の性能を出すための、洗浄と潤滑が目的です。

 

もちろん車の状態によって効果は異なるので、効能の感じ方は人それぞれです。

「走り出しがスムーズになって燃費もよくなった!」と感じる人もいれば、「体感できる効果はなかった」という人がいるのも当然と言えば当然です。

 

  • 新車時以上の性能が出ることはない。
  • エンジン内部を洗浄して本来の性能に戻す。
  • 経年車の方が効果を感じやすい。

 

ガソリン添加剤を使うメリット

「ガソリン添加剤を使う必要はあるのか?」と思っている人も多いでしょう。特に現状に不満のない方には添加剤の使用に抵抗があるかもしれませんが、

  • 本来の性能を取り戻したい。
  • 燃費を改善したい。
  • 性能をキープしたい。
  • エンジンの寿命を伸ばしたい。
  • 異音や黒煙を除去したい。

これらに当てはまる方は、ガソリン添加剤で対応できるので試してみる価値があります。

 

燃料が流れる経路、点火・爆発を繰り返す燃焼室には、確実に汚れが蓄積されていきます。汚れが溜まった状態はとても負担が大きく、潤滑性の低下やパワーロス、異音や振動といった不具合が発生します。

定期的に汚れを除去しておかなければ、年数の経過や走行距離が伸びてきた時の性能に大きく影響します。

 

普段あまり車に乗らないという方には、ガソリンタンクの水分除去防錆効果のあるガソリン添加剤を入れておけば、タンク内のサビの発生を防げるのでおすすめです。

 

ガソリン添加剤のデメリット

ガソリン添加剤には特にデメリットはありません。

強いて言うなら、本来の性能を取り戻すものなので、新車やメンテナンスの行き届いた車には効果を感じにくいことでしょうか。(防汚、防錆、水分除去という点では効果があります。)

入れている意味があるのか?と疑ってしまいますが、しばらく止めてから再開してみると効果を感じることができるでしょう。しかし、止めていた期間に汚れは蓄積してしまうので、試してみるのはおすすめできません。

 

中古車や過走行車に対しては、体感できる高い効果が期待できますので積極的に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

ガソリン添加剤の選び方

■燃料の種類

ご自身の車が、ガソリン(レギュラー・ハイオク)エンジンディーゼル(軽油)エンジンなのかで、使う添加剤が変わります。

ガソリン添加剤には、ガソリンとディーゼルのどちらにも使えるものもありますが、ディーゼル用添加剤はディーゼル専用で、ガソリンエンジンには使えないです。

もちろんガソリン専用品もあるので、よく確認しましょう。

また、ハイブリッド車やPHEV車などの省燃費車であれば、それらに対応した添加剤を選びましょう。

 

■付加効果

添加剤の基本効果として、洗浄・潤滑がありますが、その他にも製品ごとに様々な付加効果があります。

主な付加効果として、

  • タンク内の水分を除去し、サビ・腐食を防ぐ。
  • 燃料の酸化劣化を防ぐ。
  • 汚れを付きにくくするコーティング効果。
  • 燃料の品質改善。オクタン価、セタン価の向上。

などがあり、自身の環境によっては魅力的な付加効果もあると思いますので、それらもよく確認しておきましょう。

 

■価格

ガソリン添加剤は、継続して使用することで最大限効果を発揮します。しかし、価格が高いと入れ続けるのは大変ですよね?

ずっと同じ製品を入れ続ける必要はないので、お財布と相談してその時その時で選べばいいと思います。

ただし、他の添加剤同士が混ざらないようにだけ注意しましょう。

 

ガソリン添加剤の使い方

使い方は非常に簡単で、給油口から入れるだけです。添加剤を規定量入れ、それから満タン給油します。

 

添加量は製品によって異なります。

例えば、「20~60Lに一本」「76L以下に一本」などの表記があれば、乗用車には一本全て入れて満タン給油します。

軽自動車には半分、バイクには1/4など、ガソリン量に合わせて入れましょう。

 

また、「燃料総量の○%」という表記もありますので、製品ごとの規定量はしっかり確認しておきましょう。

ここで紹介する添加剤については、それぞれ記載していますのでご覧になってください。

 

ガソリン添加剤の効果的な使い方

汚れがひどいと思われる中古車、経年車、過走行車に使う際は、2,3回続けて使用することをおすすめします。長年蓄積した汚れは一回で落ちきらないことがあるので、続けて使うことでより効果が高くなります。

 

  • 購入したばかりの中古車。
  • ガソリン添加剤を初めて使う車両。
  • しばらくガソリン添加剤を使っていない車両。

これらに当てはまれば、2回または3回と続けての使用が望ましいです。

 

また、新車の場合でも、定期的に入れておくことで汚れの付着を防ぐので、性能の維持が期待できます。

なにか症状が出てからでは手遅れということもあるので、予防保全のためにも車が元気なうちから入れておくことをおすすめします。

 

続けて入れる際の注意点!
添加量を越える、または他の添加剤と混ざるといけないので、ガソリン残量が減ってから新たに添加剤を入れ、満タン給油するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

ガソリン添加剤おすすめ3選

それでは、ガソリン添加剤のおすすめ商品を3点紹介します。

高く評価されている商品ばかりですので、あとは付加効果や価格面でご自身に合ったものを選んでください。

  • 【WAKO’S】フューエルワン F101
  • 【AZ】燃料添加剤 FCR-062
  • 【Surluster】LOOP パワーショット LP-14

 

高い洗浄効果で愛用者多数!!
【WAKO’S(ワコーズ)】フューエルワン F101

【商品説明】

  • 内燃機関用燃料系統の清浄・防錆・潤滑剤
  • ガソリン(2サイクル・4サイクル)・ディーゼル兼用
  • ハイブリッド・PHEV車などにも使用可能
  • 内容量:200ml
  • 使用量:燃料20~60Lに1本。※20L未満に使用する場合には1%を超えないように添加してください。

最高純度のPEA(ポリエーテルアミン)と、IVD(インテークバルブデポジット)を高濃度に配合した洗浄成分により、従来のエンジンはもちろん、近年のハイブリッドエンジンに対しても高い清浄効果を得られます。

燃焼室・吸排気バルブ・インジェクターなどに堆積したカーボン・ワニス・ガム質などを強力に除去し、新車時のエンジン性能を取り戻します。

また、燃料の酸化劣化や燃料タンクの腐食を防ぎ、潤滑性を高めることで性能全般を総合的に引き上げることができる、万能添加剤です。

 

フューエルワンは、洗浄力に定評のあるロングセラー商品です。信頼できるWAKO’Sブランドということでも愛用者が多く、使用者が多いので情報が集めやすい点でも安心して使えます。

 

◆使用者の感想

  • 添加剤で迷ったときにはフューエルワンを選んでおけば大丈夫!確実に効果が出ますね。吹け上がり、燃費、アイドリング、全て良くなります。
  • エンジンが不調なときにはフューエルワンを入れるとなんとかなる。エンジン音が静かになり、黒煙もおさまりました。気持ち燃費もよくなった。使って悪いことは何もないので、寿命を伸ばすためには絶対使うべき!
  • 洗浄効果は疑う余地なし。オーバーホールしてみると驚くほど綺麗になっています。この類いの商品はフューエルワン一択で間違いなし!
  • 信頼できるメーカーなので、私の周りではみんな使っています。初めて使ったときは、体感できるほど加速が伸びました。そのあとさらに二本続けて使いましたが、エンジンが元気になり、燃費も確実に良くなっています!こんなにも変わるものかと驚きました。

 

圧倒的ハイコストパフォーマンス!!
【AZ(エーゼット)】燃料添加剤 FCR-062

【製品情報】

  • 吸気系と燃焼室に蓄積されたデポジットの除去、燃料系統の防錆、腐食防止。
  • ガソリン(2サイクル・4サイクル)・ディーゼル兼用
  • 内容量:300ml
  • 添加量:【自動車】40~60Lに約150ml/【軽自動車】30Lに約75ml/【バイク】5L毎に約15ml/【2サイクル車】5L毎に約5ml/【ディーゼル車(クリーンディーゼル,ロータリーエンジン,尿素SCRシステム,DPFなど)】5L毎に約5ml

高濃度洗浄剤PEAが、エンジン内部の吸気系(吸気弁、吸気インポート、インジェクター)と燃焼室に蓄積されたデポジットを効果的に除去します。空燃比制御の乱れを正常化し、エンジンが持つ本来の性能を取り戻します。

また、運動性能の向上と有害排ガス(炭化水素、CO、Nox)の低減、燃費改善、燃料系統(燃料タンク、吸気系、燃焼室)の防錆、腐食防止の効果があります。

 

2021年度のみんカラ燃料添加剤部門で、第一位の商品です。普通車であれば満タン対して半分の量ですので、一本で2回使えます。一回あたりの金額は他の添加剤と比較しても圧倒的に安く、効果はもちろんですが、続けやすさ、コストパフォーマンスという点でも高く評価されています。

 

◆使用者の感想

  • 前まではワコーズF1を使っていたが、値段が高くなったこともありこちらに替えました。まとめ買いするとかなり安くなるので財布に優しいです。高価な製品と比べても効果に差はなく、実家の車に初めて使ったときは燃費が3kmほど伸びたのと、動き出しがスムーズになるなど効果はしっかりありました。
  • 振動がひどくなったのとカタカタと音がしていたが、これを入れた翌日にはびっくりするほどマシになっていました!この値段でストレスがなくなったので入れてよかったです。
  • 注入後しばらくしてバルブを確認してみると、カーボンの付着もなくすごく綺麗になっていた。キャブの詰まりもなく安くても安心して使え、不具合の予防保全にしっかりと効果があります。
スポンサーリンク

W洗浄で清浄力抜群!!
【Surluster(シュアラスター)】LOOP パワーショット LP-14

【製品情報】

  • 燃焼室・インジェクター・吸気バルブに付着した汚れを除去。燃焼を促進。
  • ガソリン車専用。ディーゼル車には使用不可。
  • ハイオク指定者・ハイブリッド車にも使用可能。
  • 容量:240ml
  • 使用量:40~60Lに対して1本添加(ガソリン量の0.4~0.6%)

高純度PEAとPIBA(ポリイソブテンアミン)のニ種の清浄剤をダブル配合。燃焼室、インジェクター、吸気バルブに付着した汚れを除去し、完全燃焼を促進するでレスポンスが回復し、加速性能がスムーズになります。。

また、燃費悪化やアイドリング不調の原因となる頑固なカーボン・スラッジを除去し、エンジンコンディションを最適な状態に戻します。さらに、コーティング効果で汚れを付きにくくします。

 

SNSでも高く評価されており、信頼性は確かです。みんカラでの情報も集めやすいです。

また、バイクユーザーに嬉しい、80mlの使い切りサイズも販売されています。

こちらはガソリン車専用となりますので、ご注意ください。

 

◆使用者の感想

  • 久しぶりに使ってみたが確実に燃費は伸びます!前回使ったときはそこまで体感できなかったが、相当汚れが溜まっていたのか、2,3日後には別の車のように吹き上がりが良くなりました。これは信頼できる添加剤です!
  • バイク用に使い切りの小さいボトルが出ているのが嬉しい!400ccで燃費リッター6kmも伸びたのには驚いた。一回でこれなので、洗浄力はかなりのものだと思います。
  • 某有名メーカー品より値段は安いが効果は変わらない。10万キロを超えたあたりから加速が悪くなり、ベタ踏みしても以前ほどスピードが出なくなったが、エンジン音も良くなりスムーズに加速するようになった!帰省前に入れて高速を走ると、より体感できるので運転も楽しくなりますよ!おすすめ!

 

スポンサーリンク

【ガソリン添加剤】売れ筋ランキング

 

画像出典:amazon.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました