アルミや金属全般の磨き艶出し剤!定番ホワイトダイヤモンド!!

みなさんはステンレスやメッキなどの金属表面のくすみ取りや艶出しアルミパーツの磨きには何を使っていますか?

金属磨きのケミカルには多くの種類があり、どれがいいのか分からないという方や、毎回決まったものを使うという人も多いでしょう。

そこで今回は、数ある金属磨き艶出し剤の中からアメリカで大定番のホワイトダイヤモンドを紹介いたします。

使い方はとても簡単なので、この手の商品を初めて使うという方にもおすすめです!

スポンサーリンク

金属磨き剤【ホワイトダイヤモンド】とは?

出典:store.shopping.yahoo.co.jp

ホワイトダイヤモンドはアメリカ生まれの金属磨き剤で、これ一本で汚れ落とし・研磨艶出し・保護コーティングまでができる優れものです。

超微細な研磨粒子が、クロームメッキ,アルミニウム,ステンレス,真鍮などの金属表面の酸化皮膜や変色を瞬時に取り除き、新品同様の艶を取り戻すことができます。

また、磨いたあとには保護膜を形成して酸化を防ぐため、美しい艶が長期間持続します。

色々な艶出し剤を使ってきましたが、ホワイトダイヤモンドが一番綺麗な艶を出せるように思います。本当に新品同様まで持っていけるのには驚きです!

昔からある商品なので周りでも使っている人が多く、信用度も高いので安心です。一度使うと、もう他の艶出し剤には戻れませんよ!

ホワイトダイヤモンドはアルミパーツの艶出しに最適!

【写真はアルミ板】

出典:store.shopping.yahoo.co.jp

ネットを見てみると、ホワイトダイヤモンドの使用者にはハーレー乗りなどのバイク関係の方が多いです。

品質の高い艶出し磨き剤なので、パーツの艶に気を配るハーレー乗りに選ばれているのも納得できます。バイクにはアルミパーツが多いので使用者も多いのでしょう。

アルミパーツの表面にプツプツ浮き上がる白サビも、ホワイトダイヤモンドなら綺麗に落とせます。

他のブログでは白サビは落ちなかったという声もあったので程度によるかもしれませんが、私は全く問題なく綺麗に落とせました。

また、保護コーティングの効果で、しばらくは白サビが浮き上がることはありません。
使用方法も非常に簡単で、手磨きでも十分に綺麗になります。

使い方

アメリカからの輸入品のため、説明文は全部英語です。親切な店では日本語の取説があるかもしれませんが、簡単に使用方法を載せておきます。

1.液剤と研磨剤が分離してるのでよく振って混ぜる。(最初は結構大変。2回目以降は馴染むのか、混ざりやすくなる。)

2.きれいな布(マイクロファイバーやウエスなど)に少量とる。よく伸びるので少しで充分。

3.金属表面が黒くなるまで滑らせるように軽く磨く。強く擦る必要はない。

4.一分程表面を乾かせる。

5.乾いたらきれいな布で艶が出るまで拭き上げる。

汚れのあるアルミパーツが手元に無かったのが残念 。
機会があればまた載せます。
ステンレスやメッキ面は強く擦らない。傷がついたりメッキが剥がれる恐れがある。
また、塗装面には使用不可。

こちらの動画が使用法が分かりやすいです。

♦使用者の感想

  • バイクパーツを磨くときは必ずホワイトダイヤモンドを使います。乾いてから丁寧に磨きあげるとピッカピカになります!最高の艶出し剤!
  • 値段以上の価値あり!ホイールにタンク、フェンダーとコレ一本で全てピカピカ!使い方は簡単で、誰でもプロのようにきれいに磨ける。
  • メッキ磨きの必需品!お客さんに何の磨き剤を使っているかよく聞かれます。ホワイトダイヤモンドを知らない人が意外と多いんですね。教えてあげるととても喜ばれます!
  • これがないと仕事にならないので、職場には必ずストックを置いています。粒子が細かいので研磨としての効果は低いが、艶出しとしては最強。値段が高いと感じるかもしれないが、少量でもよく伸びるのでコスパは悪くない。
  • アルミがメッキのように綺麗になりました!他の金属磨きとは違い、力をかけずに軽く磨くだけでもピカピカになるので楽。磨けば磨くほど艶が増すので楽しくなります!

ホワイトダイヤモンド商品ページ

まとめ

ホワイトダイヤモンドはプロからの信頼度も高く、多くのショップで使われています。

滑らせるように軽く磨くだけで、本当に新品同様の艶が蘇ります。むしろホワイトダイヤモンド使用後の方が綺麗かも?

あくまで艶を出すものであって、擦り傷などは消せません。傷があって綺麗にならないという方は、ペーパーを当てたあとにもう一度使用してみてください。ピカピカになりますよ!