隙間にネジやボルトを落とした時に!ピックアップツールで拾おう!

エンジンルームなどの手が入らない狭い隙間に、ネジを落としてしまったという経験はありませんか?

日常生活でも、冷蔵庫食器棚の間にものを落としたり、洗濯機の後ろに落としたりと、取るのに苦労する場面は多いですよね?

そんな時に磁石や爪で掴んで引き上げるピックアップツールがあればすごく助かります!

スポンサーリンク

ピックアップツールの種類

ピックアップツールは、各社から様々な形状のものが出ています。爪やマグネット、ボディはフレキシブルやアンテナ状の伸縮棒など。

フレキシブルでも、曲げたところでキープする形状記憶のものや、真っ直ぐに戻ろうとするものがあります。

また、先端にLEDライトが付いたものもあり、奥まった薄暗い場所でも対象物を見付けることができます。

作業に合ったものを見つけましょう!

爪でピックアップ

出典:www.amazon.co.jp

このツールは、ボディが自由に曲がるフレキシブルになっており、手が入らない狭く入り組んだ場所にある対象物まで届くことができます。

手元のレバーを操作すると、先端から爪が伸び、相手を掴んで引き上げます。

あまり大きすぎるものは掴めませんが、磁力がつかない場合は爪タイプが役立ちます!

また、排水溝の掃除やホコリ取りなど、掃除の場面でも活躍します!

磁石でピックアップ

出典:www.amazon.co.jp

このツールは爪タイプ同様、フレキシブルボディで奥まで届きます。あとは、磁石がつくものであればそのまま引き上げることができます!

最近は磁力の強いものが多くなってきましたが、あまり安価なものを選ぶと磁力が弱すぎて使えません。

ネジやボルトは問題なく取れると思いますが、商品選びは慎重に行いましょう!

マグネットと爪の両方使えるマルチタイプ

出典:www.amazon.co.jp

上記で説明した、マグネットと爪の両方を兼ね備えたマルチタイプもあります。

それぞれの欠点を補うことで、あらゆる場面に対応できます。

マグネット伸縮棒タイプ

マグネットタイプには、ボディがアンテナのように伸縮するものがあります。

曲げることはできず、真っ直ぐにしか伸びないので使用箇所は限られますが、ペンタイプでコンパクトに収納してポケットに入れることができるので便利です!

まとめ

手が入らないスペースには、このツールは非常に便利です。

値段も安いので、ひとつ持っていればもしもの時に安心ですよ!

ご家庭にも、おひとついかがですか?