使い勝手抜群のスイベルヘッドラチェットレンチ!おすすめ4選

ラチェットハンドルには様々なヘッド形状がありますが、なかでもスイベルヘッド式は操作性が良く人気の高いラチェットレンチです。

180度回転する自由なヘッドの動きは、様々な状況で重宝するため、プロの整備士も好んで使っています。

そこで今回は、タイプの異なる使い勝手の良「スイベルヘッドラチェットレンチ」のおすすめ品を紹介します!

スポンサーリンク

スイベルラチェットレンチの使い方

スイベルラチェットレンチのヘッド部分は、180º自由に回転するため操作性に優れており、使い方の幅も広いです。

まずはハンドルから真っ直ぐの位置、ハンドルの延長線上で使うと、ラチェットドライバーのように早回しがしやすい使い方ができます。

通常のラチェットのように、何度もハンドルを振る必要がなくクルクルと回すことができるので、本締めまで緩めてからの早回しに便利なこと間違いなしです。

当然、このようにハンドルから90ºの位置で使えば、通常のラチェットレンチのようにも使えます。

強いトルクでの作業は、この90ºの位置が一番力を掛けやすいので、「ラチェットドライバーのようにクルクル早回しをし、ハンドルを倒してグッと本締め。」という一連の作業がスムーズに行えます。

また、このように好きな角度で作業ができるため、狭く入り組んだ箇所での作業にも重宝します。

スイベルラチェットレンチの利点

スイベルヘッドを使う利点としては、ヘッド部分の回転による自由度の高い使い方が大きいですが、もうひとつ注目してほしい部分は支点の位置です。

スイベルラチェットレンチはヘッド部分の中心に支点があるので、斜めに掛けた場合でも対象物へ真っ直ぐに力が掛かります。

首振りラチェットレンチではネックの部分に支点があるので、力を掛けると対象物からソケットが外れやすく、ストレスを感じることが多いです。

首振りラチェットでないとアクセスできない箇所もあるので、一概にスイベルラチェットの方が優れているとは言えませんが、この支点の位置の違いは実際に使ってみると操作性に大きく影響してくるでしょう。



おすすめのスイベルラチェットレンチ

今回は使用頻度の高い、差込角3/8”(9.5㎜)の製品を紹介します。

  • 【STRAIGHT】ラチェット レンチスイベルタイプ
  • 【Ko-ken】スイベルヘッドラチェット
  • 【TONE】スイベルラチェットハンドル ホールドタイプ
  • 【STRAIGHT】スイベルラチェットレンチ 2WAYスタビータイプ

【STRAIGHT】ラチェットレンチ スイベルタイプ

【製品情報】

  • 全長:145mm
  • 重量:145g
  • ヘッド部厚さ×幅:16×31.5(mm)
  • 歯数/送り角:72/5°
  • 材質:クロームバナジウム鋼

  • 全長:275mm (エクストラロング仕様)
  • ヘッド部厚さ×幅:16×31.5(mm)
  • 歯数/送り角:60枚/6°
  • 重量:320g
  • 材質:クロームバナジウム鋼

工具販売店【ストレート】のスイベルラチェットレンチは、手頃な値段でありながら品質の高さには定評があります。

コンパクトなヘッド部分は狭い箇所での作業に最適で、ギアの歯数も細かいので普段使いに活躍します。

ハンドルはポリッシュ仕様なので、汚れが付着しても簡単に拭き取ることができ、綺麗な状態を保てます。

ラインナップは少し短めの全長145㎜と、ロング仕様の275㎜があり、この価格なら負担が少ないと二本揃える方も多いようです。

また、ラチェットが破損した場合には、ヘッド部分の補修部品が販売されているので交換が可能です。

低価格ではありますが、整備士の方が仕事でも使えるほど耐久性もある製品なので、初めてのスイベルラチェットにもおすすめです!

◆使用者の感想

  • この価格でこのクオリティの高さには驚きです!高価なラチェットを買わなくてもこれで十分とさえ思えます。ヘッドがコンパクトなので、狭い場所にも最適です!
  • ストレートのラチェットは値段は安いがどれも中々のもの。特にこのスイベルラチェットは周りで使っている人も多く評判は良いです。クイックリリースがついていれば言うこと無しだが、この価格で贅沢は言えない。
  • 狭い箇所で使うことの多いスイベルラチェットですが、ストレートの製品はヘッドが小さくギアも細かいので使いやすい!小さくても耐久性は高く、仕事で重宝しています!
  • なんと言っても安い!この値段なら壊れたら買い換えればいいと多少無茶ができる。ハンドルが細くてドライバーのように使っていると滑りやすいので、ローレットか樹脂グリップならなおよかった。

【Ko-ken】スイベルヘッドラチェット

【製品情報】

ソケットレンチ専門メーカーの高品質スイベルラチェットレンチ。3種のグリップ設定。ラチェットヘッド部のマークと刻印により、回転方向が一目でわかります。

  • 全長:280mm
  • ヘッド部厚さ×幅:23.9×44(mm)
  • 歯数/送り角:45枚/8°
  • 重量:ローレット 565g/ポリッシュ 560g/樹脂 510g

ソケットレンチ専門メーカー【Ko-ken】のスイベルヘッドラチェットは、ラチェット部の品質の高さで人気の高い製品です。

コーケンのラチェットレンチの特徴である空転トルクの軽さと耐久性の高さは、このスイベルラチェットでも健在です。ギアの枚数は45枚と細かくはないですが、ギアの動きは非常に滑らかで奥まった箇所での作業でストレスを感じません。

また、グリップ部は3種類用意されており、お好みで選ぶことができます。

  • オイルが付着しても滑りにくいローレットグリップ
  • 簡単に汚れを落とせて綺麗に保てるポリッシュグリップ
  • 太く握りやすい樹脂グリップ

高品質、高耐久のスイベルラチェットレンチを求めているなら、専門メーカーのコーケンがおすすめです!

ラチェット部分が破損した場合も、リペアキットが販売されているので安心です。

◆使用者の感想

  • 長さがあるので重たいが、剛性があり耐久性の高さは折り紙つき。ローレットグリップはオイルで汚れていても滑りにくい。左右切り替えも操作しやすくスムーズにできて、全体的に満足。
  • 職場ではスナップオンを使っている人が多いが、国産好きの自分はコーケンを選びました。スナップオンと比べても遜色なく、耐久性の高さはさすがです!
  • コーケンの製品はやはり品質が高い!空転トルクの軽さはどこよりも勝っている。ギア数が45枚と送り角は大きいが、トルクを掛ける作業が多いのでこれぐらいでちょうどよかったです。
  • コーケンのラチェットらしくギアが滑らか。ヘッドが大きく感じるが、使用する上で困ったことはないです。長さもちょうど良く、とてもバランスの取れたスイベルラチェット。



【TONE】スイベルラチェットハンドル ホールドタイプ

【製品情報】

ロック機構付スイベルラチェット。ヘッド部は180°自在に角度を調整可能。 握りやすいハンドル形状と中空グリップ採用で軽量化。
ボルスター付きで、スパナを使っての作業が可能。 ソケットの着脱が容易で外れにくいロックホールド機構。
72枚のギアに対して、2つのセグメントカムにより歯数144枚相当を実現。
薄型・軽量・コンパクトな一本。

  • 全長:245mm
  • 重量:271g
  • ヘッド部厚さ(T)×幅(D):14.5×33.4mm
  • 歯数:72×2(144相当)
  • ラチェット送り角度:2.5°

【TONE】のスイベルラチェットは、非常に多くの機能が備わった万能ラチェットレンチです。

スイベルロック機構は、自由に動くヘッドを固定することで、ソケットの重みでヘッドが下がることを防げます。

ソケットホールド機構は、ヘッドのリリースボタンを押さない限りソケットの抜き差しができないため、不意の脱落を防げます。奥まった箇所での作業に重宝する機能です。

また、ボルスター付きであるため、ラチェットドライバーとして使う際にトルクを掛けたいときには、スパナを使って回すことが可能です。

144枚相当の送り角度(2.5º)は、かなり小さな振り幅でラチェットが作用するため狭いところでの作業に最適です。

さらに、グリップ部は中空であるため、見た目よりもかなり軽く取り回しがしやすいです。

これだけ多くの機能が備わった、こだわりのあるラチェットレンチですが、価格は抑えられたコストパフォーマンスに優れたスイベルラチェットです!

ヘッド部が破損した場合も、ヘッド内部のラチェットのリペアキットが販売されているので安心です。

◆使用者の感想

  • 中空グリップでとても軽い。剛性には欠けるが、この軽さは魅力的。ソケットの抜け止めがあるので、不意の抜けがなくて安心。ヘッドのロック機構は、使う頻度は少ないが、あると確かに便利。
  • ギヤが144枚相当という点とロック機能に惹かれて購入しました。ロック機能は操作が面倒であまり使いません。質感はメタリックでとてもカッコいい!
  • 多くの機能が備わったコスパの高いラチェット。思った以上に軽く、ギヤの感じも気に入っています。ボルスター付きでスパナを使えば高トルクも掛けられるので、活躍に場が多い工具です!
  • コンパクト、軽量でそこそこ使える。144枚相当とうたっているが、そこまで細かいとは思えない。空転トルクも少し重い。この価格だからまだ許せるが、メイドインジャパンならもっと作り込んで欲しかった。

【STRAIGHT】スイベルラチェットレンチ 2WAYスタビータイプ

【製品情報】

グリップ可変式のスイベルラチェットレンチ。グリップ部をT字状にして握り込んで回すこともできます。

  • 全長:115mm
  • 重量:120g
  • ヘッド部厚さ×幅:17×32(mm)
  • 歯数/送り角:72枚/5°
  • 材質:クロームバナジウム鋼

【ストレート】のこちらのスイベルラチェットレンチは、手のひらサイズのコンパクトなスタビータイプとなっています。

この製品の面白いところは、グリップが可変式になっており、ストレート型からT字型に変わる2WAY仕様となっています。

使い方としては、ラチェットドライバーとして使っているとトルクが掛けにくいですが、グリップをT字型にして握り込んで回すことで力が入れやすくなります。

ギヤの枚数も細かく、狭い箇所での作業で実力を発揮してくれる、コンパクトなスイベルラチェットレンチです!

◆使用者の感想

  • 手のひらサイズで小回りが効く便利なスタビーラチェット。値段が驚くほど安いので、この利便性ならお値打ち!グリップがT型になるので、力を掛けやすいです!
  • 非常にコンパクト!狭いところでの作業に役立っています。ギヤの枚数も細かく、小回りがききます。かなりコスパは高いですね!
  • トルクを掛けたいときには、ハンドル部をT字にして握り込んで使えば力が入れやすく、工具自体もしっかりした造りなので安心して使える。軽作業に重宝しています。
  • スタビータイプがこんなにも便利であったとは….。手のひらへの収まりがよく、早回しに最適なサイズ感です。仕事でも自宅でも大活躍しています!

★【Ko-ken】のラチェットレンチやスピンナーハンドルもおすすめ!

【Ko-ken】ラチェットレンチ!人気の理由とおすすめ品を紹介
ラチェット選びに悩んでいるなら、今人気の高いコーケンがおすすめ!プロの整備士や海外でも人気が高いコーケンは、国産ソケット専門メーカーであり、デザイン、耐久性、精度の全てで満足できるラチェットレンチを造っています。
固く締まったボルトに!高トルク作業には【Ko-ken】ロングスピンナハンドルがおすすめ!
耐久性の高さで人気があるコーケンのスピンナハンドル。4種類のグリップの評価をまとめました!コーケンは多くのプロから選ばれており、信頼性の高い製品です。ラチェットでは破損の恐れがある高トルク作業には、スピンナハンドルを使いましょう!

まとめ

スイベルラチェットレンチは、様々な作業で活躍すること間違いないので、一本は持っておきたい工具です。

海外メーカーの高価で品質の高いスイベルラチェットもありますが、今回はこれら4点を選びました。どれも評判が良く使い勝手のいい製品達です。

ただし、スイベルヘッドは構造上、他のラチェットレンチと比べると高トルク作業には向かないので注意が必要です。

パイプ等で延長したりせず、安全に使いましょう!

画像出典:www.amazon.co.jp